Android始めました

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

* 初めての方へ *
■初めましてorこんにちは。
気ままにiPhoneの使い方、使い道なんかを解説してます。

■Androidいじり始めました(2013/11)



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhoneで取った動画を回転させる術。
この方法をググっても、PC上でちょっと面倒な操作をするしかない記事しかヒットしなかったので、
iPhone(+アプリ)で改善する方法を書いておく。


以前、動画撮影時に縦横の情報が上手く設定できないケースの参考記事
稀に起こる動画の向き事件の暫定原因 と

縦横の向きの関係を書いた記事
動画撮影時の向き、の話


まずiPhoneカメラの天地は、iPhoneを横に持ちHOMEボタンを右にした状態で上、下。
つまりiPhoneの液晶を見て右辺が上、左辺が下になっている。
iPhoneで撮影した素材をiPhoneで見る分には、
持っている向きに合わせて自動で上下を回転表示してくれる為
何の違和感もないのだが、コレをPCにコピーし他の機器で再生しようとすると
上手く行かないことが多々ある。

写真であれば、90度回転させるくらい造作もないのだけど
コレが動画になると話は別で、動画編集ソフトなんかが必要になってくる。
PCでバンバン動画作る人はいいけど、普通動画編集ソフトなんて持ってないわけで。

そこで最近は、iPhoneの動画編集アプリを用いて、この縦横修正を行っている。
まあ撮影時に基本横向きで撮るよう気をつけてはいるんだけど・・・。

自分の知っているAppでは ReelDirecter(230円)とSplice(230円)。
Spliceは無料版もあり、そちらでも同じことができる。
有料版との違いは広告だけ?(謎
なお、初めの設定でランドスケープを選んでおく必要有り。


まずはiPhoneを縦に持って動画を撮影すると、こんな風になってる(カメラロール)
20110606235632.jpg
この状態でiPhoneの縦ロックを解除し、横持ちすると
20110606235639.jpg
こうなる。

でもコレをこのままPCに取り込むと、PC上では
ScreenClip.jpg
こうなってしまう。

ReelDirecterの場合は、アプリ内に任意の動画を取り込んだ後
トリミング編集→90度右回転をタップし、
20110607000213.jpg
エンコード→カメラロールに出力


Spliceなら取り込んだ時点で自動的に天地を修正してくれるので
20110607002156.jpg
特に編集しないなら、そのままプレビュー→エクスポート(解像度選択可)。


以上の方法でカメラロールに出力されたものを、PCに取り込む(写真フォルダ使用)と
ScreenClip02.jpg
このようになる。

画質の劣化については、気になるほどではないけど
厳密にどうかは不明。そこまで映像マニアでもない・・・と言うか
iPhoneで撮る時点ですでに妥協済み。

ちなみにiPhone4の場合はアスペクト比が若干違い、もう少し縦に縦細くなる。
(と思う。比べたことないけど)

この方法なら、PC環境(ソフトやOS)に縛られずiPhone内で縦横を改善できる。

iphone 動画 縦横 回転
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。