Android始めました

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GPSロガーっていうのは、GPS情報を随時取得・記録して移動した軌跡を記録してくれるもので、
その機能に特化した機械が売っているものの、安くても5~6000円。
まあその分バッテリーも長持ち多機能だったりするんですが。

しかーし!
iPhoneアプリであれば無料でそういうことができる。有料でも1000円に満たない。
長いこと『EveryTrail Free』というのを使ってますが、これが全部英語仕様で、
いちいち使い勝手に支障をきたすというか・・・。要するに英語が読めないばっかりに、
本来の力を発揮できなかったわけで。

その他、iPhone GPSロガーでググって見ると、
『GPS Recoder X』『GPS trk2』というのが強いみたいで、
前者は無料版があったのでそれを、後者は850円もするけど思い切って購入。
それぞれ短い距離でちょっと試してみた。
ちなみに断パケ生活継続中なので、外出時のパケット通信は切ってある。
そういう状況でのテスト。もっともオフラインで使えないと意味ないんだけど。


その結果。
『GPS Recoder X Free』(無料)
バックグラウンドでは動作しないっぽい。
iPhone本体をスリープにすることは可能だけど、別のアプリに切り替えると終了してしまうみたいで、
手動で再開しないと記録されない。コレは致命的。
なぜなら、GPSログを取るにしてもiPhoneで地図を確認したり、メールしたり、
写真撮ったりするので、その都度気にかけないといけない。そんなの面倒くさすぎる。
フリー版があってよかった。


『GPS Trk2』(850円)
こちらはバックグラウンドになってもちゃんと動作していた。
その他のアプリを使っても問題ない。さすが高額アプリ。
コレ自体はGPSロガー系アプリでも最高峰らしいので、
興味のある方は適当にググってください。愛用してる方のブログとか出てきます。

しかし、コレがねー・・・。
スタートした位置がかなりズレてる。正確には記録スタートしてから実際に記録開始されるまでに、
10分くらいの誤差が。一回しか使ってないし、アプリの癖も知らないから、使い込めば回避できる問題かもしれないけれど。
さらに一旦停止して、再開した場合に問題が。
アプリ上での確認にはまったく問題ないのだが・・・
GPS-trk2.
これをルートラボにインポートすると
GPS-trk.
停止ポイントと再開ポイントが線で結ばれてしまうのだ。
これは停止ポイントと再開ポイントが離れている時に、直線で結ばれてしまって、
何か変な感じになってしまう。
しかもこのルートラボがまた死ぬほど使いにくい(; ̄д ̄)
ルート編集できるのにソレが思い通りにできない。駄目だ・・・心折れた。


僕がGPSロガーでやりたいことが、iPhoneのみの記録で終わるのではなく、
PCブラウザ上でデータを閲覧・記録することなので、
このGPS-trk2の仕様?はちょっと困る。
この二つを使った結果、EveryTrailがいかに凄いかを再認識。
英語だからと敬遠しないで、使い込んでみる。次回、その記事を書こう。


というわけで、アプリにしては高額なものを購入したけど自分にはイマイチだった。


EveryTrail iPhone操作編
http://iphone3gsman.blog71.fc2.com/blog-entry-236.html


PCブラウザで見るEveryTrail編
http://iphone3gsman.blog71.fc2.com/blog-entry-237.html

スポンサーサイト
20110509_143748_000.png
Appロゴ
音声認識ICレコーダー(\115)

現時点では、AppStoreのレビューも散々ですが、僕が購入した当時は
まだレビューがなかったもので、その機能に期待したのですが…。

結果、全く使い物にならない。という結論。

デフォルトのボイスメモは録音開始後、終了するまでずーっと録音
しっぱなしで無音であっても録音される上、アプリ上での編集が極めて
難しい。PCに取り込んで編集すりゃいいとはいえ、無音時は録音を止め、
なおかつ会話音声を文字に変換できるとなれば、これは凄い!と思った
のだけども…。

変換は高度なプログラムだろうから、仕方ないにしても、そもそも録音
自体がそれほどちゃんとできないというか。
20110509_143808_000.png 20110509_143821_000.png

・マルチタスキング未対応だけど本体のスリープ設定は生きてしまう為、
 録音放置中にスリープして全機能停止してしまう。
・iPhoneの集音性能もあるんだろうけど、思ったほど音が拾えてない。
・それともマイクに口を近づけて発生しなければ無理、くらいの精度なん
 だろうか?机の上に置いておいて、会議を録音という使い方は無理?


音声認識技術という点では、Googleの音声検索の凄さを再確認できるw
また録音性能という点では、やはりHappyTalkレコーダー(\600)が
王者に君臨しているな~。同じ環境でHappyTalkレコで録音したものは
コソコソ話もバッチリ拾っていました。

というわけで、購入してみたもののダメでしたアプリ倉庫に埋葬。


日々大量にリリースされるアプリ。
有料・無料に関係なく有用なものから無用なものまで
機能にひかれて、買ってはみたものの実際使ってみると

ん?

といったものをその都度書いていこうと思う。

===

昨日見つけたコレ。touchpad。
screen_20110406035312.png

iPhone(touch)をPCのワイヤレスマウス・キーボードに
してしまうアプリ。類似品はいくつかあったけど、無料
だったんでとりあえず入れてみたけど・・・。

自分の場合はPCで絵を描いているので、26インチと19インチの
液晶をデュアルモニタで使うという環境においては、何に使って
いいのかよくわからない、という結論。

キーボードに手を伸ばすことさえ面倒で、手元でiPhoneで入力
できたら楽かもー?って思ったけど、実際やってみるとコレが
非常に難しい。

というのも、タイピング時にはタイピングされる文字を同時に
見ないと何を打っているのか、どう変換したらいいか?が判断
できない。普通にキーボードを打つ場合には手元は見てないけど、
iPhoneでタイプする場合には、ブラインドタッチができないので
画面も見て、手元も見てと大変で、面倒くさいことこの上なく。

ただ、F1~F12といったキーを手元におけるので、それらに
ショートカットを登録(コミスタ・イラスタ等)して、手元
で切り替えつつ作業、ってことには使えるんじゃまいか?と
ちょっと期待。
20110406_034738_000.png


とはいえ、今のところ使い道は無い(; ̄д ̄)


とりあえず、テンキーでのフリック入力もできるけど、テンキー
には【変換】コマンドがない(自動で変換候補が出る為)ので
ソレでPC上で文字を打つのは無理。漢字変換できない。
また、濁点が打てない仕様(現時点で)。
Precorder \230

er7i6rkw.jpg

ウチは飼い猫の写真や動画を撮ることがおおい
のだけど、とりあえずカメラは構えておいて、でも
『今すげー面白い行動したぞ!』って思ってから
シャッター切ってたら、当然手遅れなわけで。

といって、あるかどうか解らないの瞬間を狙って
ずーっとビデオまわしておくのも、容量が気になる
し、後ほど自分でトリミングするのも面倒くさい。

そこでこの機能(アプリ)。
シャッターを切った瞬間から最大その10秒前の映像
を記録できるというもの。何秒前の映像からにする
かは1~10の範囲で調整可能。

細かい原理なんかはわからないけど、恐らく
アプリを起動してる時点で、内部でカメラは動いて
いて、シャッターを押した○秒前から終了までを
自動でトリミングしてくれるんでしょう。

撮った映像はそのままカメラロールに保存される
のも使い勝手が良いです。

リリースされたばかりで、全然レビューも載って
ないけど、思わず買っちゃいました。


なお、撮ったビデオをアプリ内ですぐ確認(プレビュー)
でき、プレビュー画面にはゴミ箱ボタンがあるものの
カメラロールからしか削除できないようです。

カメラロールの動画を削除すると、プレビュー一覧
からもその動画は消えます。
[一瞬前の映像が撮れるカメラ]の続きを読む


アプリのタイトル通り、動画撮影でズーム可能にしてくれる。
とはいえ、iPhoneカメラ標準機能と同じく【デジタルズーム】
なので、拡大すれば当然ドットが荒くなる。

自分の環境は3GSなので、iPhone4だったらその荒さも
もうちょっとどうにかなってるかもしれませんが・・・。

動画にせよ静止画にせよ、iPhoneという時点である程度の
割り切りは必要だと思っているので、たとえドットが荒く
なるとしても、コレはコレで使えるアイテムになるんじゃ
ないかと思う。

VideoZoom2 無料

ただ、これで撮った映像は一旦アプリ内でエンコード?
してカメラロールに保存っていう手順が必要みたい。

[VideoZoom2 を試す]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。