Android始めました

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhoneを人に貸す、幼い子供が触るといった環境にある人は、
任意のアプリを見えなくしたい、そう思ってる方も多いと思います。

しかし、iOSアプリはそれぞれ独立していて、
アプリでアプリを制御するようなアプリは存在しません。
(2012-08現在)
写真やスケジューラーを隠せる(ロックできる)アプリはありますが、
それはあくまで入り口にロック機能のある写真整理アプリであって、
他の写真整理アプリをそのアプリによってロックしている、というわけではありません。

では、iPhoneで任意のアプリを隠す、ということはできないのか?

というと、答えは『できます』


これから、その方法を解説します。


ちなみにiPhoneの・・・と言ってますが、
言うまでもなくiPodtouchやiPadでも同様のことはできると思います。


では本題。

iPhoneのホーム画面は最大で11ページしか表示できません。
でもアプリを入れられる上限が11ページ分なのか?というとそうではなく、
容量が許す限りいくつでも入ります。
ここで、察しの良い方なら気づいたと思いますが、
そう、見えない12ページ目にアプリを配置すればいいのです。

12ページ目にアプリを配置してもスポットライト検索なら直接アプリを起動できますから、
そのアプリが入っている、アプリ名が解っているという前提がなければ、
それを起動することはできません。
まあ自分自身もスワイプして直接タップ起動はできなくなりますが、
12ページめくるよりは検索したほうが楽かと。


以下に具体的な方法を書いて行きますが、全て読んだ後に試してください。
また、どうやら一度隠したアプリを再表示することはできないっぽいので
注意してください。(削除、再インストール、復元で戻ると思いますが)


■具体的な方法

まず1~10ページ目は1個以上のアプリやブクマアイコンを表示して、
11ページを表示させます。
ここは人によって更に工夫できる点なので、
試す前に一旦全部記事を読む事を薦めます)

今回はパズドラを隠してみましょう。

ということで、11ページ目は全てアプリアイコンで埋めます。
その際に、右下に隠したいアプリを配置し、
二つ以上のアプリを入れたフォルダを一つ入れておきます。

IMG_0294.jpg

この状態でアプリ長押し、プルプルしだしたらフォルダを開けて、
一つのアイコンを11ページ目に強引に入れます。
すると右下に配置しておいたパズドラが押し出されるように12ページ目に入ります。

IMG_0295.jpg

スワイプしてみても12ページは開けませんし、
通常ページをスワイプすると隣のペ―ジのアプリが見えるのですが、
ソレも見えません。

しかしスポットライトでパズドラを検索すればヒットしますし起動することもできます。

IMG_0296.jpg

これでアプリ隠し完了です。


この方法を試していて気になることが一点ありました。
1~11ページのアイコン配置を変えて、
途中の1ページをアイコン無しにすると残りのページが繰り上がります。
すると12ページ目がでてきてしまうのでは?

もちろん試してみました。

見てください。
IMG_0298.png

パズドラは消えたままです。
つまり、一度見えない12ページ目に配置したアプリは、
iPhoneのみの操作では二度と表示させることはできない
ってことです。
・・・とおもったけどPCのiTunesでも12ページ目は表示できなかったので、
再表示は無理でした。
あと、iTunes接続時に『不明なエラーが発生しました』って出ますね(笑
iOSとしてはあくまで不具合なのかもしれません。

アプリの削除は設定→一般→使用状況から削除は可能ですから、
一旦削除して再度インストールすれば、iPhone単体でも再表示はできるようになりますが、
パズドラなんかはそうもいきませんよね。


というわけで、くれぐれもよく考えてから試してください。
スポンサーサイト
デフォルトのカレンダーアプリは色もないし予定も見づらいしで、
他のカレンダーアプリを使う人も多いでしょう。

自分も過去、さいすけ、ハチカレンダーなどと渡り歩いて、
現在はStaccalってのを使ってます。

で、カレンダーアプリを使うとアプリを入れた時点で特に設定せずとも、
過去の予定が読み込まれ、しかもソレが色分けされている。
20120810233512-2.jpg
この色分けが見た目解りやすいし、使い勝手を向上してくれるんだけど…。
どのカレンダーアプリでもアプリ内でこの色を設定する項目がない。

どうやらコレは同期してるGoogleカレンダーの色分けなのか?
と思ってGoogleカレンダー上で色カレンダーを追加したけど違う。

設定→カレンダーを見てもiCloudという一覧はあるが、
そこに足すとか削除するといったコマンドがない。
20120810233344-2.jpg

そもそもここに羅列されてるカラーはどうやって足したのか?
も自分でやったはずなのに覚えがない。

Googleカレンダーの設定にはメアドが1つしか設定されてないってことは、
Googleカレンダーの色カレンダーとは無関係?

とまあこんな具合で、わからないまま騙し騙し使ってたのね。
基本自宅で延々漫画描く日々でたいして予定を書くこともなかったのも、
騙し騙し使えてた理由なんだけど。

最近いそがしくなってきて予定を書き込む事が増えてきたので、
重い腰をあげてちゃんと調べてみた。


どうやら、ブラウザからiCloudにアクセスしないと無理らしい。
しかもiPhoneのSafariでiCloudにアクセスしてもダメで、
PCからしか設定できないっぽい。


PCブラウザでiCloudにアクセス。
AppleIDでログイン。
名称未設定-2
カレンダーを開くと左手にリスト。
名称未設定-3

の右上の編集ボタンから追加、削除ができた。

これで、各種カレンダーアプリを使う際の色分け選択肢が増えた。


っていうか、コレってiCloud開始以降のサービスなわけで、
以前はGoogleカレンダーを読み込んで色分けしたりしてたよなぁ。
だから、なんでできないんだ?って延々悩んでたんだよね。
アイコンにしてカレンダーの横に配置してみた。

こんなアプリあったらな~とか思ったけど、
アイコンだったら自分で作れるんだった。

初めにカレンダーアプリのアイコンをスクショして、
ソレを改造したけど、それだと画質が悪い。
いろいろいじって300ピクセル四方で作り直して、
カラーリングも極力似せるもなんか違うが諦めた。
20120424232620_20120424232825.jpg

ちなみに、アイコン作成はPCのペイントソフトで作成しt画像を、
iPhone上では”アイコン作り”アプリで作成。

4月ももうあと一週間くらいだけど、欲しい人いたらぞうぞ。
クリックすれば大きなサイズで表示されると思います。
Ver.6Ver.5Ver.4Ver.3Ver.2Ver.1

ついでに5月のも作っておこう。
年号月アイコン_5月
GmailアカウントをExchangeに登録出来ない時の対処法

iPhoneのメール取得方法は、プッシュとフィッチ。
この言葉がイマイチぴんと来ないんだけど、
要するに、従来のケータイのように送信される、すぐ着信通知ってのが『プッシュ』で、
着信があっても自分でメールボックスを読み出しに行かないと見れないのが『フィッチ』。
それで自分でメールボックスチェックするのが面倒だからと、
iPhoneにソレをやらせる事ができるものの最短で15分毎のチェックになる。

普通にiPhoneでMMS(プッシュ通知対応)使ってる人はまあいいんだけど、
僕のように基本Eメール(プッシュ未対応)使ってる人は、
Eメールでもプッシュ通知になればいいのに。って思っているはず。
それにフィッチで15分毎にしとくと、バッテリー消耗の一因にもなるだろうし。

で、ソレが出来るってのをつい最近・・・っていうか昨日知りました。

メール/連絡先/カレンダーでメールのアカウントを追加する時に、
GmailだからってGmailの設定を使うのではなく、Exchangeで登録する。
20111201034832.jpg
すると、そのGmailもケータイメールと同じように送信→着信即通知になるのだ!凄い便利!

早速設定してみる。
20111201033941.jpg
メール : Gmailアドレス
ドメイン : 空欄
ユーザ名 : Gmailアドレス
パスワード : パスワード
説明 : なんか適当に
で次へを押すと、数秒読み込んだ後に『サーバー』という項目が現れるので、
20111201034011_20111201040748.jpg
m.google.com
と入力して次へ(認証)

で、大多数の場合はココですんなり通って、
無事Gmailのリアルタイム着信生活が始まるのだが・・・
なぜかこんなアラートが出る。
『アカウントを作成できません。同じExchangeアカウントがすでに存在します』
20111201032834_20111201040819.jpg

なんで??
もちろんiPhone内にExchange設定にした同名のアドレスはない。
重複は無いはずなのに・・・。Google先生に聞いてもわからないし、
某質問トピに書き込んでも同じ状況の人は居ない。
途方にくれ、諦めかけたその時、ふと、なんとなーく、
ユーザ名から@Gmail.comを抜いてみた。

ら、通った!
別のアドレスでやったら●●●@gmail.comってユーザー名で問題なかったから、
そう入力するもんだと思ってたけど、やってみるもんだな。

ってことで、同じことしようとしてて、同じようなアラートが出る人は、
ユーザー名のトコ、●●●@gmail.comではなく●●●にしてみるといいよ。
それで100%解決するかはまたわからないけど、一つの策として。
ネットで見つけた便利技をメモっておく。
同じ内容の記事書くのも面倒なので、外部リンクでw

iPhoneの設定画面をサクッと開く方法 -『Touch Icon Creator』でURLスキーマ対応アイコンを簡単に作る - 代助のブログ

最近は外でもWi-fiを良く使うので、
設定ON・OFFしなくなったけど、
以前は出かけるときは基本Wi-fiオフにしてた。
(バッテリー消耗抑える為)

でもそれには、設定→Wi-Fi→オフ と3タップ。
設定そのものをフォルダに入れてる自分は4タップ必要で、
コレが面倒だけど、仕方なしとやっていた。

コレが、上記の方法でホームにWi-fiショートカットアイコンを作っておけば、
ショートカット→オン/オフ の2タップでいい。
コレは便利だ。
20111111032702.jpg

Wi-fiオン・オフする機会は減ったけど、
その場所でWi-fiスポットがあるかどうか?を見るのにも
この設定を開くのでちょうどいい。


あと使うとしたらユーザー辞書くらいか・・・。
あとせっかくだから時間あるときにオリジナルアイコンでも作ろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。