Android始めました

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買いはしたものの、貼り付けが面倒で放置してたBUFFのウルトラ衝撃吸収プロテクターを満を持して貼り付けてみた。



だが・・・。

20120810034620.jpg

なんつーかこれは、肌触りが最高に悪いww

普通の指紋防止系フィルムがいかに使いやすいかがよく分かる。


対衝撃性能はちょっと試せない。

衝撃や傷には強いんだろうけど、表面処理が微妙で指紋、油脂がベタベタにつく。
加えて、机に置いておけば細かい埃や傷が無数に付いていちいち気になる。
表面の滑りが悪いから、気泡を出すためにこする作業も一苦労。

これ、上にもう一枚通常のフィルム貼ったらいいんだろうかw


ただ、その滑らない肌触りがゆえに、非常にグリップ性能は高くなる。
そこは評価したい。
スポンサーサイト
まあなんだろうね。
こういう変わり種系ケースを気まぐれに買ってしまう性分なのです。

29-1.jpg

これはねぇ・・・まあバインダー部はそこそこ便利なんだけど、
バインダー以外の部分、本体が単純にプラスティック製なので、
この季節、手汗でべったべた。
オマケに非常に滑りやすい。
せめて本体部はマット加工するとか周囲をラバー加工するとかしてくれないと。

近日中に他のケースを探してどーにかしたいっすな。


凄いっすよねぇこのフィルム。
ほんまかい?という感もしますけどねー。
発売前から即ポチりましたよw

まあ保険ですわな。
基本的に落とさないのが大前提だけど、万が一のときにあれば命が救われるかもしれない、
という保険。液晶面から落下ならともかく、角から落ちたら保護は無理そうですけどねぇ。
まあ保険なので。

買っては見たものの、未装着。
保護フィルム貼るの苦手なんだよ。
綺麗にできたことがない。

Amazonのレビュー見ると、なにやら貼りにくいとか、
滑り難いとか。



さて・・・貼るか。
先日アマゾンでぽちったSu-Penがもう届きました。
今週半ばくらいになるかなーと思ってたのに。
20120402122951.jpg

で、結論から言いますとね、

これは良い!マジで。

高いだけのことはある。

先端がゴムのスタイラスは、ある程度押し付けないと描けないのに対して、
Su-penだとペンの重さのみでスイスイ描ける。
20120403033001.jpg

20120403034954.jpg
iPadアプリ Paper にSu-penで描いてます。


まあ、ペンタブに比べるとそもそも筆圧ってものがないから、
どうしても濃く塗ろうとして力こめちゃう癖が困ったもの。
慣れの問題かなぁ。

あと、ペン軸の長さが微妙に短いのが初めはちょっと・・・と思ったけど、
これくらいの長さのほうがむしろ液晶面に手の腹?をつけずにかける長さなのかも。
手の腹をつけちゃうとペンで線が引けなくなってしまうので。

そのほか、7notes、Upad、Tapose、ibisPaintX、SketchTimeなどを試したけどどれもイマイチ。
描き心地はペンのみならずソフトウェアの出来にもよるのだと実感。
ナニがどうだめなのかはまたいずれ。
BlueToothレシーバー自体は便利。
しかし、iPhoneとレシーバーが離れていても、レシーバーから耳までがコードレスではないので、
結果コードがわずらわしい場合もある。

ならば、もうヘッドセットでイヤホン部分にレシーバーもあればいいじゃない?
となるのも自然の流れ。


というわけで、
BUFFALOのBSHSBE16というのを試してみた。
bshsbe16rd-main.jpg

電話もできるし、音楽も聴けるタイプの片耳ヘッドセット。

まあ、結論から言いますとね。


ぜんぜん駄目(; ̄д ̄)=3


iPhone自体をネックストラップつけて首下に配置、ヘッドセットは左耳に装着。
という形で、左を向くと音が途切れる。
音が途切れたところで再生自体も止まってる様子から、接続がぶつぶつ切れてる模様。
せめて音が途切れるだけで接続は維持(iPodは流れつづけ、感度の悪いラジオを聴いてるかのような)してくれたら、
まだいいんだけどね、再生自体がコマ送りになるから妙にイライラ。

くわえてインイヤー型のイヤホンは自分には無理だと解った。
まあ前々から無理だとは思ってたんだけど、やっぱ無理。耳穴入り口が痛くて長時間付けてられない。
この耳にひっかける部分がまた微妙にしっくり引っかからない形してて、装着感もイマイチ。

また、音楽再生には対応してるけど、コントロールには対応してない為、
曲飛ばしができない。

一応良いところもあげておくと、
インイヤータイプだから聞こえやすさは割りといい。
同じ音量でも普通のイヤホンに比べてぜんぜん聞こえやすいために、音量を下げたほど。
・・・まあそれくらい。


改めて、Sony(DRC-BT30)のレシーバーのよさを確認する結果となった。
DRC-BT30_20111007024218.jpg
コレはたとえは自室(一軒家二階)にiPhoneを置いて、
表に出ても途切れることなく聞こえる。当然iPhoneがカバンの中にあってもまったく問題ない。
電話もできるし、曲飛ばし、頭出しもでき、Skypeにも対応(SkypeがBlueToothに対応したらしい)。
ただ唯一の不満点が厚み。真四角だから、どっち向いても嵩張るのがね・・・。
もうちょっと薄いと良かったんだけど。
結局、短めのイヤホンを買って、レシーバーを耳の近くに配置するのが今のところ最善かな、と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。