Android始めました

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は基本的にモバイルデータ通信を使わない。
月々の利用料をとことん節約する為だ。
自宅に光回線を引いて、そこで通信料がかかってるので
iPhoneの通信料は抑えたいの。

iPhoneをオフラインで使ってて困ることの一つにMAPがある。
純正マップもGoogleマップもオンラインでないと使えない。
だから普段はオフラインマップアプリ『MapFan』を使ってます。

しかしこのMapFan。ルート検索できるのはいいんだけど、
検索できるのは最短ルート。自分で好きなようにルートを引き、
それを保存、参照できるわけじゃない。

そう、何か、オフラインでマップが見れて、
なおかつ好みのルートを保存、閲覧できるアプリ、方法はないだろうか?


そもそも自由にルートを引くってどうやるの?
ここからが問題だ。

そこで思いついたのがルートラボ
自分でルートが引けて、しかも高低差まで出てくれるから
自転車旅でルート模索にかなり役立つ。

ルートラボをいじっていて、其のルートデータがGPX、KMLファイルとして
出力できることを発見。

そして思い出す。

CycleMeterにはルートのインポートができるじゃないか。
(※CycleMeterは最近常用してるGPSロガー・サイコンアプリ)

しかしCycleMeterのマップは純正マップ、つまりオンラインでなければ使えない。


そこでさらに思い出す。
オフラインマップアプリであるところのGalileo Offline Mapの存在。
そう確かGoodreaderでデータをOpen Inするときに、なぜかGalileoも選択肢としてヒットする。
ということは?もしかして?

とGalileoにGPXファイルを読み込ませてみるも、
アプリが落ちてしまう。
それならばとKML形式で読み込ませてみたら、ビンゴ!


という感じで完成、オフラインルートナビ。

1,ルートラボでルートを作成
ru-to1.jpg
ルートデータは管理と取り回しがいいのでDropboxに保存する。

2,BoxCraneというDropbox操作アプリから該当データをGalileoにコピー。
Galileo単体ではルートを読み込むという機能はない為、
メール添付とかGoodreaderなど別のアプリを経由する必要あり。

3,Galileo上でルート名を付けるとかなんとかして完成。
20130215025844.jpg
20130215025859.jpg

ルートラインの色は変えられるが濃度は変えられない。
地図の縮尺によって自動で線の太さも変わる。
Galileoアプリ上でルートを編集することはできない。

Galileoはあくまで紙地図の電子版という感じ。
現在地や向いてる方向はわかるが、MapFanのように検索したりはできない。

まあ自転車だからルートから外れてもだいたいの方向が分かればそれでOK。
ルートが引いてあるのと引いてないのだと、引いてある方が安心感が違う。

このアプリで唯一残念なのは、マップ自体を回転させられないことだ。
向いてる方向にあわせて自動で回転はできるけど、
MapFanのようにマップ自体を回転することができない。
だから先を観ようとマップに触ると方向が元に戻ってしまう。
うーん。


あとこのアプリの致命的欠陥が一点。
ブクマやルートなどを個別にバックアップできないのだ。
だからiPhoneに異常が見つかって初期化せざるを得ない状態の時に、
アプリ内データを引き継げない。
今まさに、3Gモバイルデータ通信に問題が起きており、
iPhoneを初期化したいが、バックアップから復元すると問題も復元されてしまう。
といって新規だとデータを引き継げないというかまった状態なのである。



スポンサーサイト
iPhoneを利用するにあたり、その利用料の大部分はパケット通信料。
Softbankならフラットでもforスマートフォン(上限)でも4410円かかる。
「forスマートフォン」にして、パケットを使わないようにすれば、
1029円で済む上、月月割で相殺してパケット通信料をゼロにすることができる。

しかし、ソレは同時に
「Wi-fiスポット以外は通信不可」
という状況を意味する。(通話・SMSは可能)


スマートフォンはネットワークを最大限に利用できるようにできており、
通信を前提としたアプリも多い。それを自ら制限するのだから、
スマホ持つ意味すら危うくなるが、
意味とか意義とかそんなことより安く賢く使いたいのだ。


■具体的な使い方

□環境

まず、自宅には別途ネット回線契約(ひかりone)がある。
というのも仕事柄そこそこ大きめのファイルをやりとりする必要があるので。
基本的には自宅が仕事場で、たまに外に仕事に行くけど仕事場にもWi-fi環境あり。
(もっとも外で仕事してる時にiPhoneいじることってあんまないけど)

買い物や趣味のサイクリングなどでは、ほぼオフライン。
駅や食事処にSoftbankWi-fiスポットがあることもあるので、
そういう時はWi-fiを使える。ソレ以外は基本圏外であると諦める。

または
「今月は出かけることも多いから、【パケット解禁の術】を使おう」。
この術を使えばWi-fiスポット以外でパケットを使い放題つかっても、
最大4410円にしかならないのである!

「forスマートフォン」プランでの契約は、
この使うか使わないかを自分で選択できる
ところに強みがある。



□ メールはどうする?

自宅ではWi-fiで特に何の支障もないので、
屋外のWi-fiがあったりなかったりする環境でどうしてるか?が問題だ。

まず自分の場合メールは、基本的にあんまりしないw
若い頃はそりゃ恋人と夜を明かすほどメール交換しまくったこともあるけど、
今はそういうのないんで><
嫁も【あい】とか【うい】しか返してこないしね。志村か、と。
ってか今もあっても、自宅なら通信料きにせずメールできるけどね。
屋外行動中にメールで頻繁にやりとりなんて社会人になったらしないでしょ。
するの?


それに頻繁にどこでもメール交換(パケット通信)したいってことは、
そこに重きを置いてんだから、節約とか考えなくていい。
自分にとって価値のある選択に相応の料金を払う、当然のことです。


友人とのメールも基本的に用がないとしないし、
しても急いでないことが多いので、時間のある時(=自宅)や、
Wi-fiスポットに居る時に返せばOK状態。

Wi-fiスポット外にいたら着信には気付けないけど、
スポットに入れば着信するので問題ないし、
メールという通信手段がそもそも【急ぎの連絡手段】ではないので、
気にしない。圏内にいても気づかないことってあるし。

とはいえそこまで割り切れないって人は【@i.softbank.jp】を使えば、
着信自体はSMS経由で知らせてくれる
ので、
Wi-fiスポット探して返信、と。
ポケベルの呼び出し、折り返しみたいだなw


そこそこ急いでる時は、Softbank相手なら電話する。
もちろん1時~21時の間限定。
21時~1時に人に電話することなんて滅多にないけど、
その時間は電車に乗ってるか、自宅にいるかのどっちかだろうから、
自宅からSkypeなどを使う事が多い。


他社宛ならSMSを使う。
一通 3円かかるし70文字しか送れないけど、急いで送らざるを得ない状況なら、
そんなレイアウトとか絵文字とか言ってる場合ではない。


というわけで、MMSと(i)メールは使っていない。
SMSとGmail。GmailならiPadでもPCでも送受信できるから便利。


~~~

Eメールに対して返信する際に、引用がウザイというのをよく目にする。
しかしデフォルトのメールアプリでは引用しないようにする、ということはできない。
デコメーラーならできるのかな?
Eメールは短文を短いスパンでやりとりする為のメールではないので、
引用がついてないと、何の話に対する返信なのかが解らない。
「え?何の話だっけ?」なんて返そうものなら、二度手間もいいところ。

会話(チャット)をするように、引用なしでサクサク交信する用途なら、
メッセージを使うべき
である。それがしやすいように吹き出しチャット状にもなってるんだし。
Eメールを使いながら、その仕様に不満があるのは、
使い方が間違っているからだろう。
ハイヒールで登山してるようなものだ。

でも何を使うかは使う人の自由
肝心なのは使おうとする道具の特徴を把握した上で、
それを自分なりに活用するってこと
で、
道具の特徴そのものに不満を持ってても無意味だということ。
だったら他の、自分の使い道に合った道具を探し使うべきである。

でも実際のところ「使い込んでみないと解らない」ので、
初めてスマホにするって人もいきなり大成功を目指さず、
もっと気楽に選んだらいい。
世間で評価の高い端末を選んでも自分にとって使いやすいかはまた別の話。
だから機種変2代目を本番として、初めての一台はスマホで何ができるのか?
を試すことに尽力したほうがいい。そう考えればスペックとか機能とか、
そんなんどーでもいいでしょ?w
なににすればいいか?を悩んで二の足を踏むこともない。
実機を触らずに考えてる時間なんて、あんま意味ないよ。
外出時断パケ生活で困ることの一つが、
電車の乗り換え案内である。
普段乗ってる線なら、行き当たりばったりでもいいんだけど、
まったく乗らない線だと、何処をどう進めば目的地に着くのか
皆目見当が付かない。

といって、乗り換え案内はオンラインありきで、
おそらくオフラインで使える乗換え案内アプリは現時点では存在しないと思う。
MapFanのようなオフラインで観れる地図があるんだから、
オフラインで使える乗換え案内(たとえデータ量がGBいっても)アプリがあってもよさそうなのに・・・。

ということで、オフラインで使える乗り換え案内アプリが出るまで、
どうにかオフラインで電車乗車時の不便を減らそう、と四苦八苦することにした。


とりあえず、現時点で思いつく方法としては、
電車の時刻表そのものを取り込んでおく事。
写真とかスキャンとかでもいいんだけど・・・。

一番手間要らずっぽい【WebOffline】を使って
最寄駅(JR船橋駅)の時刻表を全て取得してみる。
幸いこの駅は乗り換えがなく、快速か各駅しかないのでそれほどデータ量も多くなかろう。

実際データ量は36MBくらいで、DLに5~10分くらいかかったかな。
IMG_1028.jpg
このページのアドレスから自動で3階層目までを取得したので、
リンクをタップして次の階層(時刻表)、
時刻をタップして次の階層(到着時間表?)へのアクセスも可能。
IMG_1029.jpg
IMG_1030.jpg
ただ、ページ全体をDLしてしまう性質上、
見たい箇所にあわせて拡大する手間はどうしてもかかってしまうのが難点。


もっと他にいい方法はないものか・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。