Android始めました

2010/01123456789101112131415161718192021222324252627282010/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常生活の中で、こんなアプリあったらいいな。ってアイディア。
本当は自分で作ってみたいけど、Macもプログラミング技術もないので
作ってくれる方が居たらぜひお願いします。
もしくは、既にあるけど?って情報ご存知の方が居たら教えてもらえ
るとありがたい。

===

需要場面。
すっかりPCでのタイピングが日常になり、手書きよりもむしろタイピング
するほうが早いし、綺麗。そんな状態になってる今日この頃。
しかして、時には文字をペンで紙に描くシーンもあるわけで。
そんな時によくあることがコレ。

『あれ?“ぼうちょう”(裁判の)ってどんな字だっけ??』

タイピング・変換にすっかり依存している現代。読めるけど書けない漢字。
みんなあると思うんですよ。といってひらがなで書くのはアレだし。
そこでこんなアプリ。

起動するとこんな感じで

変換くん1

漢字を調べたいキーワードを入力。

変換くん002


変換候補が表示され、書きたかった漢字がわかる。『傍聴』だった。

コレだけ。要するに漢和辞典ならぬ和漢辞典。だけど、意味や解説は要らない。
iPhoneに入ってる変換候補で問題ない。さっと起動してさっと調べられればいい。
あくまでアプリの位置は、自分の『ド忘れをさっと補うこと』
意味まで気になるケースは別途SAFARIなどで。
だから、レイアウトもシンプルで操作しやすく、入力ボックスが下にあるのは、
入力とクリアとをさっと行き来したい為。

現状では、メモ系アプリやSpotlightで代用できるけれど、まず下に出る
変換候補に欲しい文字がなくて『次候補』へ移行する手間を省きたいのと
メモだと変換候補を見た後にソレを確定するとか、バックスペースするとか、
そういう処置をしないと次のド忘れ漢字を参照できない面倒臭さを解消したい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。