Android始めました

2013/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Laminar 170円(セール?で無料)

てのが、高機能で中々使えそうなんだけど
高機能すぎて使い方がスッとわからないのでちょっと研究してみる。

20130519150938.jpg

メイン画面の左上はクイックメニューのようだ。
20130519150944.jpg

・NewDocument
試してないけど文字通りだろうから、スルー。
連続操作するのに使うのかな。

・Add a Layer(レイヤーを加える)
ベースになる画像の上に、何枚も画像を置けるみたいだ。
映画館(ベース)の画像の上に、夕日の画像をレイヤーとして追加してみた。
20130519151044.jpg
当然下の画像は見えない。

メニュー下段の Layers からレイヤー関係の操作をするらしい。
それをタップすると、次のような画面になる。

20130519151049.jpg

・Toggle Layer(表示/非表示)
タップすることで表示、非表示を切り替えられる。
しかし一旦非表示にした後表示したら、そのレイヤーにしていた加工がリセットされてしまった。
仕様か?

・Arrange Layer(複数巻いのレイヤーの位置を変える)
アレンジレイヤーって読むのか。まあマークだけで意味はだいたいわかる。

・Duplicate Layer(複製)
タップすれば選択中のレイヤーを複製する。複製されたレイヤーは一番上に出る。
複製元の加工が引き継がれる。

・Delete Layer(削除)
言うまでもなくレイヤー削除

・Flatten Image(結合?)
でも結合しなくてもレイヤーが乗った状態で合成後の状態を保存できるのだし、
結合する必要あんのかしら?
※結合したらUndoしてもそれ以前に戻れなかった。

・Transform(変形)
レイヤーを拡大縮小回転などできる。
だからこういうレイアウトも可能。
20130519153336.jpg
レイアウトがOKなら右のApply、中央のScale To Canvasをタップすると、
キャンバスサイズ(ベース画像のサイズ)に一発で戻す事ができる。

■Blend Mode(ブレンドモード)
画像を重ねた時の効果がいろいろ。

■Opacity(透明度?)
デフォルトでは100、数値を少なくするほど透ける。

レイヤー一覧の下にある
■Mask(マスク)
レイヤーの一部を非表示にしたい時に使う。
20130519154725.jpg
パン以外の部分にマスクをつけ、パンだけにしたの図。

選択中のレイヤーにマスクを付ける。
この操作をするとなぜかマスク無しのレイヤーが複製される。
保険?
20130519154715.jpg

マスク編集中は、

20130519155322.jpg

・Mask/Erase(マスク・消しゴム)
これをタップするとマスクを快適に設定するための各種ツールが出てくる。
ブラシ、自由選択、自動選択、グラデーション、Text、消しゴム。

テキストは入力はできたが決定方法がわからん…4Sの画面じゃ正常に表示されないっぽいな。
まあマスクの操作だから文字のカタチに表示、非表示するってことだろう。

…戻れない。詰んだorz
強制終了させ、再起動。
すると終了直前のセッションが復帰。これは地味に便利。

再度やってみると、今度は設定できたっぽいけどイマイチ機能しない。

各操作は、1ツールを選ぶ、2プロパティでツールの作用範囲を設定していじる。
といった感じで統一感があり、操作しやすい。
二本指でスワイプ移動、拡大縮小表示ができる。

~~~

メイン画面下段、Adjustを開いてみよう。
これは文字通り画像の最適化というか、補正関係だろう。

基本的にレイヤーに対して効果を得られる。
だから全体を変更したいなら先にレイヤーを結合しておいた方がラクかもしれない。
(ココで使うのか)
20130519171448.jpg
(図では猫の画像をいじってある)

ちなみに、この明るさ補正をプリセットとして登録しておける。
だからレイヤーが複数あってもワンタッチで同じ加工ができるってわけだ。

他、ヒストグラム、ホワイトバランス、トーンカーブ、シャドウなども
それぞれプリセットを保存できる。
逆光補正や露光補正など細かな調整が可能みたいだ。

20130519172232.jpg
20130519172154.jpg
20130519172111.jpg
20130519172012.jpg

おまけに自動補正機能もついてる。


とりあえず、補正機能でちょっと写真を加工してみよう。
20130519173405.jpg

ヒストリーを見れば、各加工前に段階的に戻れるし、
一旦戻しても無加工から再度さっきの結果にも戻れるみたいだ。


メインメニュー右上の雲マークで出力できる。
保存先はカメラロールはもちろんDropboxやFacebook、Twitterなども網羅。
JPGかPNGか、さらに出力解像度も変更でき、ウォーターマークを入れることもできる。

元画像
20130518202201.jpg

加工後
20130518202201_20130519174200.jpg


Editやフィルターもさらに多機能だけど、とりあえず一旦ここまでにしておく。

全体的な操作性が統一されていて扱いやすい。
補正から加工まで一括で行えるのも便利。
加工が気に入ってよく使ってたFotorというアプリがあったけど、
これはデジ一で撮った画像はデカ過ぎて扱えなかった。
でもLaminarでは問題なく扱えるのも良い。

4Sの画面でも文字入れ時などの操作でやや難があるものの、
全体的に完成度は高い。

特に自分のようにブログにハウツー記事描いたりする人なら、
かなり使えると思う。手書きも可能だし。

20130519175039.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。