Android始めました

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のiPhone歴の中ではiOS3.x時代の日本語変換が死ぬほど使えなかった事を思えば、
現在の日本語変換は格段に向上し使いやすくなって特に不満もないのだけど・・・。

それでも『予測変換がもうちょっと良くなればな』という意見もあったので
つまりソレはどういうことだろう?と考えてみた。

ただ、コレはどうにも検証が上手く行かないので、出口はないかも。

===

まず、『我輩はぬこである』と打ちたいとしよう。
『我輩は』と書いたところで、これがiPhone上初書き込みなので、
当然予測はでない。
20110606171549.jpg
とりあえず『我輩はぬこである』と書いてみれば、
次回からは『我輩は』と打ったところで『ぬこである』という予測候補が出現する。
20110606171621.jpg
これが『ぬこである』以外に候補がないのは、
『我輩は』に続く文章を『ぬこである』以外書いた事がないからだろう。
ためしに、『我輩は美少女である』という文を書けば、次からは『我輩は』に対して
『美少女』『ぬこである』と予測候補が増えるはず。
20110606173150.jpg
うむ、予想通り。

これを『我輩を』と打てば、当然予測候補は出ない。上述の理由で。

また、『我輩』『は』と区切る、つまり『わがはい』で一回変換決定、
20110606173638.jpg

『は』と打って決定と書くと、
20110606173642.jpg

結果的には『我輩は』という形になるが変換候補に
『ぬこである』や『美少女』が出てこない。
20110606173647.jpg
なぜならこの状態では『我輩は』ではなく『は』に対して予測するからだろう。
僕のiPhone上では『は』の次に最近打った単語は
『特定の|どこから|少数派|試食』であるらしい。


以上のことからiOSにおける予測変換機能は、
基本的に使えば使うほど学習してより自分にとって使いやすくなっていく、
ということ。

つまり買ったばかりでろくに文字を打ってない情況では、
そこそこ使えるものの、痒いところには手が届かない状態なわけだ。
恐らくコレは、ガラケーでもそういう部分はあると思う。
ただガラケーからiPhoneに機種変する場合には、
長らく使い自分用に蓄積されてきたデータベースを引き継ぐことなく、
まだ未熟なiPhoneを使い出すことによって、使いにくさを感じてしまうのではないか?
と思うのです。


同じ作業をAUのガラケー(K002)で試してみた。
まずは『我輩は』と打ってみる。
このケータイでも『我輩はぬこである』と書いた事がないので予測候補はでない。
20110606175349.jpg

次に『我輩はぬこである』と一度書けば次回からは
20110606175454.jpg
『我輩は』で『ぬこである』という予測が出る。
同じ理由で『美少女である』と書けば、次回からは予測に
20110606175538.jpg
『美少女』『ぬこである』と候補が増える。


・・・同じじゃね?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iphone3gsman.blog71.fc2.com/tb.php/166-5a2818e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。