Android始めました

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前は【Pastebot】ってアプリを使ってたんです。
iPhoneでテキストや写真などをコピー(クリップボードに一時保存される)すると、
Pastebot内に蓄積されていき、ソレをペーストできる。
通常一つの事柄しかコピーできないクリップボードを複数使う、みたいな。

Windowsの場合PCに【PastbotMimic】というフリーソフトを入れることで、
iPhoneのPastebotに蓄積された任意のデータを、
リアルタイムでPCのPastebotMimicに転送できるのです。

そんなのを何に使うか?っつーとですね。

たとえば、あるPCで通販をして料金の振込先なんかをメモ・・・するんじゃなくて、
普通にコピーすれば、自動でPastebotMimicに保存され、
それをiPhoneのPastebotに転送。
で、iPhoneもって行けば振込先をATMで確認できるって寸法ですよ。

ところがこのPastebotがタスクトレイ内にあっても10分しか機能しないんですね。
バックグラウンドにおいておけば、いつでもコピーを拾ってくれるならいいけど、
ちょっと放置して10分経過するとアプリを再起動しなきゃいけない。
面倒くさい仕様。

なもんでだんだん使わなくなった。


変わりに、Gmailの下書き機能を活用。
iPhoneに転送したい事柄をPCブラウザで開いたGmailの下書きに保存。
すると、iPhoneのメールアプリで開いたGmailの下書きにソレがあるわけです。
逆に、iPhoneで取得した情報をPCへ送りたい場合に、新規Gmailの本文にコピペして、
20110909033832.jpg

キャンセル→下書き保存。
すると、PCブラウザで見た下書きにもソレがあるってわけです。

同じようなことはEvernoteでもできるけど、こっちは読み込みに時間がかかるので。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iphone3gsman.blog71.fc2.com/tb.php/228-12ccd55e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。